きらめき子ども日記

小学生の教育・本の紹介・英語イメージ絵・戯言絵日記

「拓土くん家の英語メゾット」の書評

0歳から始めて8歳で、英語ガイドができる子を育てた拓土ママが英語子育て本です。

ディズニー英語システムの教材を使い、子育てしているママパパさん向けのお手本になる本です。

身近に英語を聞く、英語で遊ぶ場所を、拓土ママは、赤ちゃん時代から環境を整えている様子が詳しく 説明されています。

ディズニー英語システム の教材を中心に使い、 他にもママ自身が、赤ちゃんに、英語の絵本を読み聞かせたり、興味のありそうなDVDを、英語で見せたり 熱心に取り組んでいます。

また、英語アウトプットする場に、連れて行ってあげたり、英語を話す場所を作ってあげています。

お母さん自身の時間をさき、積極的なお母さんの努力があってこそ、拓斗くんは英語力を、見つけたと思います。

 そして、拓土君自身が、英語で興味がある分野を自分で理解する力があるところがすごいです。

ただ英語が喋れるだけではなく、自分の興味があることについて、英語で伝える力が育っているところが、すばらしいです。

 

子供が興味を持つものは、それぞれ個性があり違うので、この英語教育法が、自分の子供に合ってるかどうかは、子供よります。

たくさんの英語教育のブログ記事や本があります。

それを参考にしながら、自分の子には何が向いているのか。

どういった英語の環境があっているのかを、見極めることが大切です。

ディズニーが好きならディズニー映画、ポケモンが好きならポケモンの英語DVD、トーマスが好きなら トーマスの英語DVDやYouTube、虫が好きなら虫の英語の絵本や図鑑など。

どういった分野なら、勉強と思わずに英語を学ぼうとしているしてくれるかを、親が見極めることが大事なのです。